織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

長月はゆっくりと行きたいな

怒涛の8月が終わった。

町内会の夏祭りの疲れが中々取れなかった。
精神的にも・・・
会計報告を出して(それも若干の黒字)、反省会も終わった。
取り立てて不具合もなく済んだと言う事は、成功と言って良いと思う。

仕事の方は、骨折の彼女はだいぶ良くなってきているようだが、何しろ右足首なので、車の運転が出来ない。
まだ時間がかかりそうだが、何とか回っている。
もう少し、おばさんは頑張るぞ!

さて、問題の着尺も先が見えて来た。
残すところ1m位。
明日一日頑張って織ることにしよう。
猶予はあと1週間。
日、月と孫の所に行くので、心置きなく出かけられるようひと踏ん張り。

今日の夕方は、お習字のお稽古。
硬筆の日だったので、比較的早く提出できた。
毎月提出する作品は、上手く書けると、写真で紹介される。
私が所属している教室は、皆、真面目に取り組んでいて、掲載される率が高い。
私は、今月は、実用書と硬筆が載っていた。
幾つになっても、認められるのは嬉しい。




[PR]
by hinabaa | 2016-09-02 23:04 | Comments(2)
Commented by sakuraheart at 2016-09-06 10:58
習字を習われているんですね。
これから、やってみたい習い事のひとつです。
花火のお話、、あら~同じと。
私も初めて行った時、大雨になってしまい、
前の車は埋まってしまい動けず、どしゃ降りの中押してあげたものの、私たちは頭から足元まで泥だらけ。
台風の時期に重なるので、今年はお天気に恵まれて最高に良かったようです。
私も先週、東京の孫ちゃんに会いに行って、
いっぱい元気をもらってきました。
Commented by hinabaa at 2016-09-07 21:56
花火に雨は付きものなのでしょうか?
アクシデントがあると、印象深くなりますね。

お習字は高校の時に授業でやったきりでしたが、友人に誘われて始めました。
亡き母が長くやっていて、筆や硯、半紙をたくさん残してくれていたので助かっています。
気持ちが落ち着きますよ。お勧めです。