織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 216 )

ジジババ珍道中 その3

3日目は孫の所へ。
この週は、学校開放の週で自由に参観が出来るという。
働く親には良い制度ですね。
そこで私たちも、小学生になった孫の学校生活を覗いてみました。
(私たちの他にもジジババが来ていたのでほっとしました。)

まあ、賑やかなクラスだ事!
担任の先生の他にも大人が何人もおられる。
後で聞くと、校長先生、副校長先生それに指導補助の先生が3人。
いやぁ先生って重労働ですね。
授業は算数と生活でした。(今は社会・理科と言わないのね)
教え方も昔とは違っている。
これではバアバの出る幕はなさそう。
生活の時間は、水遊び。
ペットボトルや牛乳パックなどで各自道具を作っての水遊び。
始めは先生の言う事を聞いていた子供たち、その内水かけっこが始まりました。
みんなびしょびしょ。
喧嘩も始まる。
まだ幼稚園とあまり変わらないかしら?
これが1年たつと落ち着くんでしょうね。
生の学校生活を見ることが出来て良かったです。

泊まらず帰る予定でしたが、孫の「泊まって」には勝てずズルズルと・・・
大人の休日パス最終日は、八戸に行ってお魚でも食べてこようと言っていたのだけれど。
孫の力は大きい。
孫には弱く甘いジジババです。
e0338965_22525493.jpg
そして
家に帰ってから、どっと疲れが出てしまいました。
首が痛くて回らない145.png



[PR]
by hinabaa | 2017-06-28 22:57 | Comments(0)

ジジババ珍道中 その2

さて2日目。
中目黒から神奈川県座間市へ移動です。
東急東横線~東京メトロ千代田線~小田急線と乗り継いで・・・
座間には夫の末弟が住んでいます。
私がここを訪ねるのは25年ぶりくらい?
義弟夫婦とも久しぶりです。

予定より早く着いたので、荷物だけ置いてちょっとお出かけ。
小田急線で鶴川まで。
白洲次郎・正子が暮らしていた武相荘を訪ねました。
こちらも久し振り。
公開されたばかりに娘と来ています。
鶴川の駅前も変わりましたね。
交番でバスの乗り場を尋ねたら、ちゃんとチラシがありました。
展示は夏の暮らしになっていて、ガラスの器や籠、夏の着物が見られました。
一見質素だけれども、隅々まで心の行き届いたお住まいです。
この書斎からあの随筆が産れたのだと感慨深いものがありました。
産れも育ちも素晴らしい白洲次郎、正子。
彼らの芯の通った生き方とは程遠い私たち夫婦ですが、心に残る物があったのは確かです。
e0338965_23412382.jpg
e0338965_23414910.jpg
e0338965_23420549.jpg
また正子の本を手にしたくなりました。

心が洗われたような気持で義弟宅へ戻ると、別世界。
「さあどうぞ」と、美味しいお酒が待っていました。
義弟が家庭菜園で作った野菜を使ったお料理も並んで、気のおけない酒宴の始まりです。
これはこれで、また良いもので、馬鹿話をしながら夜は更けていきました。



[PR]
by hinabaa | 2017-06-27 23:58 | Comments(0)

ジジババ珍道中 その1

先週末、JR東日本の大人の休日パスを使って出かけて来ました。
今回の旅は夫のリクエスト。
1 成田山新勝寺にお参りに行く。
2 神奈川の弟を訪ねる。
3 孫の顔を見てくる。
以上が目的です。

成田山のご本尊は、不動明王で、酉年の守り本尊でもあるとの事。
夫は今年年男。
ぜひお参りしたいと言う。
茨城県に住んでいた時はお参りに出かけていた。
今回は20年ぶりかしら?

仙台から成田は遠かった。
東京から75分。お尻が痛くなりました。

先ずはお参り。
ご祈祷の受付をして本堂へ。
境内を散策。
国の重文があり、歴史を感じる。
e0338965_23070620.jpg
「ここで節分の豆まきをするのね」と言う会話も聞こえてくる。
その後は、参道のお店を冷やかして・・・
米屋の羊羹をお土産に求める。
e0338965_23072655.jpg
それにしても、鰻屋さんが多いのはなぜかしら?
いい匂い。

宿は東京中目黒に予約してあるので、また75分電車に乗って・・・
あらかじめ印刷しておいた路線図を手に、地下鉄を乗り継いでどうにかたどり着きましたとさ。

この日は、約15,000歩歩きました。



[PR]
by hinabaa | 2017-06-26 23:24 | Comments(0)

父の日

母の日より存在感が薄いと言われている父の日。
夫は何気ない風を装っているが結構待っているようだ。(見え見え)
私も敢えて口にしない。

ピンポ~ン
届きました。
ビールの詰め合わせが。
やっぱり嬉しそう。
晩酌はビールに決まり(ちょっと肌寒いけど)
ケークサレが焼きあがって、飲み比べ。
ささやかな幸せの一時です。
e0338965_22313853.jpg

新生姜の良いのが手に入ったので、甘酢漬けも作ってみました。
e0338965_22314739.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-06-18 22:37 | Comments(0)

初収穫

夫が小さな家庭菜園で作っているきゅうり、収穫しました。
何だか寸足らず。
元なりだから?
肥料ミス?
天気のせい?
でも、美味しそうです。
お味噌を付けて頂いてみましょう。
e0338965_14255398.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-06-16 14:26 | Comments(0)

気合を入れて

やっと機に織づけ出来て、試し織り・・・
あ~~何と言う事145.png
混み羽が6か所もある。(1羽に2本入れるところ、4本入れていた)
慎重にしたつもりなの。
目をしょぼつかせながらの作業は無駄に終わった。
疲れがどっと出た。

気を取り直して、仕切り直し。
筬通しを始めから。
慎重に慎重に。何度も確かめて。
午前中に半分終える。
エネルギー補給は、ヘリンボーンのケーキ。
珈琲とケーキで一息ついて、気合の入れ直し。
e0338965_22093822.jpg
どうにか終了。
試し織りをしてみたが、たぶん大丈夫。
土曜日、試し織りの布を教室に持って行って、最終の染の予定。
さあ、上手くいくか?

[PR]
by hinabaa | 2017-06-14 22:15 | Comments(0)

頂き物

近くの有料老人ホームに入居されている友人(先輩?)から電話。
「遊びに来れる?」
しばらくお顔を見てないのでお邪魔して来ました。

お話を伺うとびっくり。
2か月前(私が遊びに行ってから直ぐだった)ベットから落ちて足を骨折。
手術、リハビリを終えて戻ったばかりとの事。
リハビリ頑張ったようで、寝たきりにならずに済んで良かった。
話し相手がいなくてお寂しかったようで、お話が止まりません。
娘さんの愚痴も出たり。
私には耳が痛い話もありました。
母もこんな風に思っていたのかな?
もっと話をしたら良かった。
亡くなって8年たつのに、改めて後悔です。
母にし残した分、話し相手に伺うことにしましょう。
なにしろ、母と同い年ですから。

帰り際、「上げたい物があるの」
「時間があるからこれで遊んでるの」
e0338965_22284219.jpg
有難く頂いてきました。
日中は寝たくないから、クロスワードパズルなどをしているそうです。
まだまだしっかりされています。
今日は着物関係の写真がいっぱいの本を差し入れました。
次回は何をお持ちしたら良いかしら?
ただ、施設には持ち込みのルールがありますから、気を付けないといけません。



[PR]
by hinabaa | 2017-06-11 22:37 | Comments(0)

買ってはみたけれど

筬通しに苦労しています。
15羽の筬目が見えない。
あぁ~老化・・・
噂のハズキルーペ 買ってみました。
教室でも使用している人が増加中。
早速試してみました。
筬目は、裸眼より見えます。
しかし・・・
同じところを見ている分には良いのですが、目線を動かすたびにクラッとします。
気分が悪くなってきます。
こういう作業には適さないのでしょうか?
使い方、研究(?)しなくては。
e0338965_21292912.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-06-10 21:30 | Comments(0)

織日和

織の教室の日。
用意しておいた着尺用の経糸16,5m 先生にお手伝いし頂いて、緒巻に巻いて来ました。
湿気があったので、静電気もあまり出ないで、思ったよりスムーズに巻き上がりました。
これから、機にセットして、綜絖通しから始めます。
試し織りをして・・・
思ったようなものが出来ると良いのですが。
また、糸量の計算で悩むんだろうな。
地道な作業の始まりです。

教室の機には、麻糸がかかっています。
緯糸はヘンプ。
ところどころ捩りを入れながら織っていきます。
久し振りの捩り。
中々コツが掴めない。
櫛で糸を寄せて・・・
捩ったところがどうしても粗くなってしまう。
e0338965_22010266.jpg

まだまだ修行が足りませんね。


[PR]
by hinabaa | 2017-06-03 22:01 | Comments(0)

現代書展

昨日から、臥牛会の書展が開催されています。
会期は5月30日から6月4日まで。
仙台市青葉区にある仙建ギャラリーで。

私は今年は出品を見送らせてもらいましたが、会場のお手伝いに行って来ました。
e0338965_22244226.jpg

小さな作品展ですが、内容は中々だと思います。
90代から10代までの力作が並んでいました。
若い方の初々しい作品、年齢を重ねた方の練れた作品。
書き手のお顔が見えてくるようです。
先生の作品【瓦礫】 圧倒されました。
e0338965_22245625.jpg
来年は10回目となります。
私も良い字が書けるかな?

[PR]
by hinabaa | 2017-05-31 22:26 | Comments(0)