織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

暑さに負けず

織ってます。
トントンカラリと。

蒸し風呂の中にいるような毎日。
夏だけど・・・こんなに暑かったっけ?
ここに住まいを建てた時は、エアコンは無くても良かった。
冗談で、仙台の軽井沢なんて言っていた。
30年たつと気候まで変わってしまうと言う事?
エアコンも働き通し。

でも、織ってますよ。
タオルを巻いて。
湿度があるの糸には良いのでしょう。
でもまだ2メートル。
先は長い。
10メートル以上残っている。
熱中症にならないように気を付けて、こつこつと。
気は抜けない。
e0338965_21103060.jpg

[PR]
by hinabaa | 2015-07-30 21:10 | Comments(0)

目の保養 心の栄養

書道の先生の個展が今日から始まりました。
同じ教室の方々と拝見して来ました。

改めて先生の素晴らしい書に感動です。
書は勿論ですが、自作の詩がすごく良い(失礼な言い方ですが)
「先生って深いな~」  「ロマンチストだったのね」
なんて勝手な事を思いながら見入ってまいりました。

写真では伝えられませんが・・・一応・・・

e0338965_22160197.jpg
e0338965_22161628.jpg
e0338965_22162875.jpg
e0338965_22164082.jpg


[PR]
by hinabaa | 2015-07-22 22:17 | Comments(0)

織ります

昨年から機にかけっぱなしだった着尺、織り始めます。
格子の糸を入れ替えて織づけも完了。
タイアップも完了。
あとは、気合を入れてひたすら織っていきます。
何度もやり直したので、経糸の長さも少々心配。
格子のサイズも微妙かな。
もう少し試しながら・・・
高機に向かうのも一年ぶり。
体を慣らしていかないと。
何しろ踏み木が8本。
間違えないようにしないといけません。
タオルを首に巻いて頑張るぞ!
e0338965_16342359.jpg
e0338965_16343362.jpg


[PR]
by hinabaa | 2015-07-19 16:35 | Comments(0)

バッグ作り 第二弾

今日も暑かった!!
昨夜は夜になっても蒸して寝付かれなかった。
とても出かける気になれず、朝からグダグダ。
夫と二人、厚さにやられていてはいけない。
気を取り直し、ミシンを出してバッグの残りを片付けようと。

今日はファスナーを付けてみた。
内袋もこれまでの抑えた感じから、私にしてはポップな感じの物にしてみる。
ちょっとは若向きになったかしら?
ショルダータイプにしてみたけど。
e0338965_20571211.jpg
e0338965_20565817.jpg

[PR]
by hinabaa | 2015-07-15 21:00 | Comments(0)

こんな日は室内で

台風の影響とか。
暑い日が続いています。
熱中症予防には家での作業が良いですね。
エアコンの効いた部屋で、バッグ作り。
中袋用の生地が中々決まらなくて滞っていました。
注文のを2個、夏用のを2個仕上げました。
頭の中は、熱中症状態。
なぜなら、縫い物は苦手です。
ミシン掛けは必死です。
肩も凝ります。
最近は針の穴に糸が通ってくれません。
糸通しのお助け道具は有難い存在です。

でも、「お客様喜んでいましたよ」との一言で苦労も吹き飛びます。
有難いことです。

e0338965_23322020.jpg
e0338965_23322959.jpg
e0338965_23323754.jpg
e0338965_23324543.jpg


[PR]
by hinabaa | 2015-07-12 23:46 | Comments(0)

紙すきを体験して来ました

書道教室の仲間たちと紙すき体験。
山形県境に近い宮城県川崎町に工房を構える「潮紙」さん。
書道の先生のご友人です。
3.11の前は仙台市の海の近くの障害者就労支援施設で教えていらっしゃたそうです。
大津波で施設は流されてしまい、瓦礫の中から道具を掘り出し、ヘドロや塩を洗い流し工房を開くまでになったそうです。
笹谷峠という山間にある古民家です。
この地も御多分に漏れず過疎化が進んでいるようでした。

さて、紙すき初体験。
まず、和紙の種類や原料の説明をうけました。
TV等の映像で見た紙すきを思い浮かべていた私は、長靴は?エプロンは?と、一人盛り上がっていました。
が、  用意されていたのは、はがき大の枠。
ちょっと拍子抜け。
でも、考えたらわかりますよね。
初めからそんな大きな紙を梳けるはず無いってこと。
気を取り直して・・・
慎重に・・・
思ったより難しい。
60代の6人&50代1人が、賑やかに真剣に自分だけの和紙作りに取り組みました。
「失敗も味」との先生のお言葉になぐさめられて・・・

e0338965_22161658.jpg
e0338965_22162428.jpg
e0338965_22164392.jpg
この後、川崎町名産のお蕎麦を食べて帰途につきました。

もう一つ、嬉しい収穫がありました。
工房で煮出してあった染料をいただいてきました。
裏の山で採取した「ヤシャブシ」です。
真綿を染めてみます。





[PR]
by hinabaa | 2015-07-07 22:21 | Comments(0)

瓶が集合

e0338965_22585009.jpg
e0338965_22583473.jpg
杏ジャムが出来ました。
瓶詰の他はジップロックで冷凍。
思ったより酸っぱい!

大きな瓶は、右からあんず酒2瓶、梅のラッキョウ酢漬け、杏酢漬け、梅酒。
「美味しく漬かれ」「かびませんように」とおまじないと唱えながら・・・

出来上がりが楽しみです。



[PR]
by hinabaa | 2015-07-05 23:07 | Comments(0)

次は黒 そしてリベンジ

今日は教室へ。
月2回(AM10:00~PM16:00)なので進みが遅い。
教室で織るものの他、家で織る物の準備等もするものだから余計時間がない。
今日の作業は、教室用の機で綜絖通し。
黒糸でショールを織ります。
オーバーショットで地模様が出るように。
冬の仏事の時、黒いショールがあった方が良いと思ったもので。
地味目の物は持っているのですが、やはり黒が欲しい。
パシュミナという絹糸ですが、ウールっぽく加工してある糸です。
おしゃべりも楽しみながらの作業でした。
次回は筬通しをして、織に入れるでしょう。

e0338965_22411676.jpg
それから、リベンジの吉野格子用の縞の部分の糸を緒巻に巻いてきました。
これで気になっていた自宅の高機に向かえます。
いえ、織らなくては・・・
何しろ1年かけっぱなし、ほおりぱなしでしたから。
テンションをあげていかないとね。


[PR]
by hinabaa | 2015-07-04 22:42 | Comments(0)

梅仕事の季節です。
あんずも、この季節の産物です。
お願いしていたのが届きました。
未だ少し青いようです。
取りあえず色づいたのを選んでジャムを作りましょう。
e0338965_21581605.jpg
洗って種を取り除き、砂糖をかけておきました。
水分が出てきたら火にかけていきます。
美味しいジャムが出来るはず。

箱の中に「みず」という山菜も入っていました。
お浸しと、みずたたきで頂きました。
粘りがあって美味しかった。

e0338965_21582840.jpg
残りのあんずは、あんず酒を作る予定です。
梅干し用の梅も水につけたので、明日は塩漬け。
この季節は忙しい。

[PR]
by hinabaa | 2015-07-01 22:05 | Comments(0)