織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

い い ふ う ふ ?

今朝、夫が「今日何の日か知ってる?」
答えて「良い夫婦の日でしょ」
すると「家はどうかな?良い夫婦かな?」
私「普通じゃない?」
友人たちは「仲良し」「良い夫婦」と言ってくれますが・・・・
そもそも良いって?
普通が一番じゃないかな。
喧嘩もするし、感謝もする。
一緒に大笑いもすれば、泣きもする。
そんな私たち24日が結婚記念日です。
41回目。
「どっちが我慢してるかな?」なんて会話をしていては、良い夫婦とは言えないかも。

それでも一足早く、今日の夕飯は街に出ました。
お寿司をつまんで乾杯068.gif 「これからも宜しく」
丁度良い具合にお酒も回って・・・
ケーキを買って帰途につきました。
しかし、お腹いっぱいで、ケーキの入る隙間なし。
ばかやってんだから008.gif
こんな風にお互い支えあってこれからもやっていくのでしょう。
e0338965_22544547.jpg

[PR]
by hinabaa | 2015-11-22 22:55 | Comments(2)

ありがとうが聞きたくて

明日は孫の5歳の誕生日。
新米バアバになったと思ったらもう5年。
あっという間ですね。

昨日、リクエストのプレゼントを発送。
秘密のここたまの小さなお人形とお家と絵本。
先ほど、ありがとう!の電話がありました。
お気に入りは次々変わっていきます。
バアバはついて行くのが大変ですが、
おもちゃ売り場であれこれ探しながら、幸せを感じております。
欲しがる物を何でもプレゼントしたくなりますが、そこはママに聞いてから。
あくまでも、バアバ・ジイジはサポーターですから。

何はともあれ、健康で優しい子に育って欲しいものです。

e0338965_21315052.jpg

[PR]
by hinabaa | 2015-11-20 21:32 | Comments(0)

寒さに向かって

このところ小春日和の過ごしやすい日が続いたが、季節は間違いなく冬へと向かっている。
日の暮れるのが早くなったこと。
心もとなく寂しさを感じるのは私だけだろうか?

11月8,9日と秋田へ。
姑と義弟が作った冬野菜をいただきに。
白菜、大根、ネギ、キャベツ、長芋等たくさん。
毎年のことであり、本当に有難い。
家に帰ってからは大忙し。
夫々新聞紙に包んだりして寒さに負けないように収納。
白菜は早速漬物に。

一段落して、
仙台市内のギャラリー巡り。
この時期は、温もりを感じさせる作品展、展示即売会が目白押し。
東北福祉大学構内にある芹沢銈介美術館を皮切りに、織とガラスと陶磁の3人展・手織りの洋服展。
そして、キャンドル展と回る。
キャンドルは友人がもう22回も続けているもの。
長く続けるって事だけでも偉いなあ。
キャンドルを灯してコーヒータイムと洒落たいものだが・・・

手織りの作家さんとのおしゃべりで刺激も頂く。
さあ、私もそろそろ動き出そう。
トントンカラリと・・・
e0338965_22221182.jpg
e0338965_22200844.jpg
e0338965_22201848.jpg
e0338965_22205813.jpg
e0338965_22230946.jpg



[PR]
by hinabaa | 2015-11-17 22:24 | Comments(0)

大漁のおこぼれ

知り合いから電話があり、「鯖いりませんか?」
ご主人が釣りに行ってたくさん釣って来たとの事。
「夫の大好物、いただきます」
と言う事で、活きの良い鯖を3尾いただく。
3枚におろし、半分はみそ煮、残りは塩焼にして頂く。
新鮮なので臭みもなく美味しい.


と、次の日
「ちょっと大きめの魚なんだけど、おろせる?」と、おむかいさんから。
「あんまり綺麗にはおろせないけど・・・」と、私。
ワカシ⁽鰤の小ぶりなもの)を2本持って見えた。
わっ!思ったより大きい。
1本は、おろし代で頂けるとの事。
気合を入れて、どうにか3枚におろす。
ちょうど、娘と孫が遊びに来ていたが、とても一度には食べきれない。
半身は刺身で、残りは取りあえず冷蔵庫へ。
夕飯前だったので食卓が賑やかになった。

それにしても、集まる時は集まるもので・・・
こんな大きな魚が釣れたら嬉しいだろうな~と思う反面、多すぎるのも困りものだわね。e0338965_22201135.jpge0338965_22200181.jpg
[PR]
by hinabaa | 2015-11-05 00:20 | Comments(0)

入選出来ました

第24回河北工芸展に入選出来ました。
ちょっと休んでいたのですが、思うところあって応募してみました。
織は楽しいし、好きな物を織っていくのも良いと思います。
ただ、長く織っていると始めた時の気持ちの高ぶりは薄れていく。
「一年に一作くらいは緊張感を持って織るのも良いのではないか?」と、思うのです。
そしてどう評価されるのかも試してみる。
とは言え、今回の作品は、狙って織った物ではないのですが・・・
これは、友人が特注した筬をお借りしました。
ひとえに、先生と友人のおかげです。
審査委員の評では、色の対比が面白いとありました。
改めて見てみると、少し変化が欲しかったかしら。

e0338965_12090068.jpg
変わり紗帯 想

[PR]
by hinabaa | 2015-11-03 12:12 | Comments(0)