織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ばっけ味噌

明日から3月。
春めいてきたかな?
散歩がてら、フキノトウを探してきました。
まだ小さいし、かたそうだけれど、ばっけ味噌を作るには十分です。
胡桃、味噌、砂糖をすり鉢ですり合わせたところに、湯がいてみじんに切ったフキノトウを入れさらに摺ります。
良い味に出来上がり、夫はお酒が進みました。
我が家の春一番の味です。

e0338965_22203703.jpg


梅の花も咲き始めました。
花粉症さえなければ、待ち遠しい季節です。


e0338965_22204930.jpg


フキノトウが採れた側にはこんなものが・・・
いのししの罠でしょうか?
e0338965_22205887.jpg


[PR]
by hinabaa | 2016-02-29 22:22 | Comments(2)

練成会

5月に予定されている習字の作品展に向けての練習です。
午前10時から午後4時まで。
疲れた~~。
先輩諸氏に交じっての時間は・・・
年齢はいっていても、まだまだ新人ですから。
でも、正味5時間弱を気合を入れて集中できた自分が嬉しいです。

今年は、島崎藤村の若菜集から。
自作の織物とのコラボを予定しています。
どんな作品になりますか。


e0338965_21480046.jpg


[PR]
by hinabaa | 2016-02-21 21:49 | Comments(0)

今季最後の・・・

整経しました。
マフラー用のウールです。
春に向かって、菫色の薄手の物に仕上げる予定です。
多分、これでしばらくは毛糸はお休み。
e0338965_14305069.jpg
まだまだ寒い日がありますが、日差しは間違いなく春めいてきています。
冬物が重たく感じられるそんな日もあります。
そろそろ、冬物はお休みにして春夏物にかからないと。
遅いくらいですよね。
季節を先取りしなくちゃ。

[PR]
by hinabaa | 2016-02-19 14:31 | Comments(0)

ひと手間プラス

織り終えて縮絨も済ませたウール。
ティコゼーとマットを作ってみました。
ちょっと地味?
いいえ、シックと言って。

もう一つはプラスなし。
マフラーにしてみました。
首に巻くと右と左で表情が違って面白い。
地色が共通なので違和感なし。
e0338965_14293816.jpg
e0338965_14294530.jpg

[PR]
by hinabaa | 2016-02-15 14:42 | Comments(0)

着物の里帰り? 出戻り?

もうだいぶ前に織った着物。
義姉が気に入って着てくれていました。
先日、「私は十分楽しんだから、今度は織手のあなたが着なさい」と、渡してくれました。
(あら、仕立ててもらって良いのかしら?)
お言葉に甘えて、いただいてきました。

くすんだ紫で、刺し子で筋が入っています。
地味かしら?
帯を派手目にすれば良いかも。

着物は好きですが、中々着る機会がありません。
帯結びも苦手ですし・・・
慣れるしかないとは分かっているのですが。

e0338965_21542518.jpg

[PR]
by hinabaa | 2016-02-12 21:55 | Comments(0)

週末は忙しい

先週末は東京から茨城と回ってきました。
東京では孫と楽しい時間を過ごしました。
幼稚園の年中さんもあと2か月弱となり、すっかりおしゃまな女の子。
小さなマスコットのお世話に一生懸命です。
ゲームもコツを覚えたらしく、手加減をしなくても良く、バアバの勝は怪しくなってきています。

その後、茨城へ。
兄の3回忌でした。
2年前の大雪の葬儀に、交通機関がマヒして参列が間に合わず、ちゃんとお別れを出来てないのが心残りです。
今年も、雪の予報が出ていましたので、一瞬、嫌な記憶が蘇りましたが青空が広がり一安心。
法要の後、精進落としとなり、思い出話は尽きません。
年の離れた兄だっただけに、保護者的な部分もありました。
何時も思う事ですが、この頃は、親類縁者が集まる時は結婚式か不幸があった時ばかり。
特に私は故郷から離れた土地にいるので、そう感じるのかもしれません。

序でと言っては申し訳ないけれど、茨城在住の時少しお仕事をしていたお店に寄ってみました。
老舗の呉服屋さんが、やっていた和の小物のお店。
独立していた店舗が、本店の中に入っていて少々雰囲気は変わっていたけれども、
一緒に働いていた方が古希を過ぎても元気で仕事していらっしゃる。
日本の良い物を残していきたいという思いが伝わってきました。
社長さんにもお会いでき、手仕事の話で盛り上がる。
良い物を長く見てこられた方のお話は聞く価値がある。
序でと言いながら、とても良い時間でした。

茨城県は、魅力のない県第一位とか。
う~~~ん。
分からなくもない。
でも結構住みやすいと思うけどな。
美味しい物もあるし。
弟が一押しの茨城土産。
冷凍の焼き芋。
これは、独特の保存法で甘みを出しているとか。
ねっとりしていて甘い。
食べ過ぎに注意しなくちゃ。
e0338965_15300456.jpg

[PR]
by hinabaa | 2016-02-08 15:32 | Comments(0)

いい湯だな~! 草津温泉

富岡製糸場を後にして、名湯草津温泉へ向かいました。
高崎から吾妻線で長野原草津口へ、そこからバスで草津温泉へ。
ローカル線なので結構かかります。
でも、仲間と行くとその時間も楽しい。
お口は止まりません。

草津は雪の中。
仙台を出る時も雪だったし珍しくはないのですが、温泉場の雪景色は格別です。
宿は、「つつじ亭」小規模の良い感じの宿です。
6人一部屋ですから、特別室を。
囲炉裏の間と言う事で、真ん中の部屋に囲炉裏があり、炭火が暖かく迎えてくれました。
お部屋にもお風呂がありますが、先ずは大浴場へ。
「あれ!あんまり硫黄臭くない」
源泉が2種類あるようです。
部屋のお風呂は、湯畑から引いていて硫黄の臭いがしました。
お料理も手がちゃんと入っていて、適量で満足でした。
食べて、飲んで、しゃべって、笑って、湯につかって・・・・時間の経つのを忘れます。

次の日は湯畑付近を散策。
湯もみショーも。

草津温泉は賑わっていました。
若い人のグループが多くて、ちょっと驚き。

私たちグループの一番の若手が、いつも計画を立ててくれます。
その他は乗るだけ・・・
おかげさまで楽しい思い出がまた一つ出来ました。
大宮でそれぞれ別れ、帰途につきました。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。
次は?
楽しみです。
e0338965_22372540.jpg
e0338965_22365751.jpg
e0338965_22374520.jpg


[PR]
by hinabaa | 2016-02-04 22:38 | Comments(0)

富岡製糸場

1月末の土・日 大人の休日フリーきっぷを使って出かけました。
織繋がりの6人グループで。
年代は50代後半から80代まで。
年に1から2度くらいの割合で、ランチをしたり、旅行をしたり。
今回は遅めの新年会ということです。

金曜日から雪が降ってさてさて出かけられるかしら?と心配からスタートしました。
山形新幹線の遅延や吾妻線の運転見合わせ等の情報が入りやきもきさせられましたが、無事動くことができました。

まずは、世界遺産の富岡製糸場。
織つながりですから・・・・
あまり時間が取れなく、じっくり見ることは出来ませんでしたが、歴史や糸繰の様子など興味深く見てきました。
もう一度、ゆっくり訪ねてもいいでしょう。
富岡の街並みも面白そうです。
やはり世界遺産に選ばれて、観光客が増えているようです。
初老の紳士のグループが目につきました。
こちらは、レンガ造りの建造物にご興味がありそうでした。
e0338965_16282958.jpg

[PR]
by hinabaa | 2016-02-04 16:32 | Comments(0)