織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

鄙びたお雛様

老夫婦二人の生活。
メリハリを付けなくてはと思いつつ季節の行事、つい通り過ごしてしまうことがあります。
お雛様も慌てて、登場願いました。
実は、ジイジが孫と電話で話した時に、「ジイジの所でも飾った?」と言われてしまったそうです。
これは大変と・・・

ジジババにふさわしい(?)お人形。
多分、秋田県の郷土人形の八橋人形だと思います。
10年以上前になりますかしら?
ある旧家の蔵の物を買い求めました。
(お宝はありませんでしたけど)
その中にあった物です。
何となく味があって、夫のお気に入りです。
e0338965_17511884.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-02-26 17:52 | Comments(0)

気持ちを静めて

今日は大失敗をしてしまった。
ストーブの灯油を入れる時、どういう訳かポンプのスイッチが早く入ってしまい、こぼしてしまった。
ちょっとパニック状態。
何時も夫がしてくれるのだが、留守だったし、たまにはと思ったのが却ってよくなかった。
綺麗にふき取ったつもりでも臭いは中々消えない。
帰って来た夫からは、大目玉。
私だって溢そうとしてやったわけじゃない。
でも、確かに不注意だった。
換気扇回しっぱなし、空気清浄器も点けっぱなし。
アブラが残っていると怖いので、エアコンを使用。
注意力散漫?集中力後退?
とにかく注意注意・・・
大事にならないように。

少し気持ちを落ち着かせようと、習字をしてみる。
家ではめったに書かないのだが、明日のお稽古は仕事で休むことになりそう。
提出課題が、2つ残っている。
仮名と実用書。
出せるものが書けるかな?
e0338965_22423154.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-02-23 22:43 | Comments(0)

次へ

今度はこれで織ります。
ラミーを経糸に、ヘンプを緯糸に。
夏帯。
ザックリしたものになりそう。
使った方によると、熱が籠らないで締め心地が良いと・・・
経糸は、これまでの残糸で間に合いそうです。
これは教室の機にかけるつもり。
次回の教室の日までに整経しておきましょう。
それにしても・・・
ラミーもヘンプも埃が・・・

e0338965_21460179.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-02-21 21:51 | Comments(0)

仕上げ

機に掛かっていたコースター用の布、織り終わりました。
端をチクチク縫っています。
端の始末ですが、私はコースターやランチョンマット等洗うことがあるものは、三つ折りにして縫っています。
糸をそのままにしておくのも良いのですが、洗ったり使ったりしている内に、撚ってしまうのが嫌で・・・
25枚出来ました。
e0338965_17032375.jpg
ミニ額にも入れてみました。
e0338965_17033148.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-02-19 17:05 | Comments(2)

ジイジのバレンタイン

「いくつになっても、いただけるのは嬉しいな」
夫はそう言ってます。
毎年下さる友人から届きました。
そして、何より嬉しい孫からも。
手作りの箱に、「私が作ったお菓子だよ。食べてね」のコメントが。
早速、最大限のお礼の電話をしていました。
バアバからは、何もない時の保険に用意しておいたちょっとチョコ。
まあ、ほとんどは私が頂くことになるのですが・・・
e0338965_21405945.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-02-14 21:42 | Comments(0)

オーバーショットでコースター

寒い時期に糸染めするのは、出来るだけ避けたい。
手持ちの糸を眺めて考える。
よし!コースターを織ろう。
丁度手持ちが無くなった事だし。
ちょっとお礼にとか、お土産に使いやすい。
青系の綿糸に、色糸でアクセント。
織りだすと楽しい。
急がないでゆっくり・・・
e0338965_15412787.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-02-13 15:41 | Comments(0)

春の香りを頂きました

このところ、朝起きると雪景色という日が続いています。
陽が差してすぐに融けるのですが、春はまだ先と思っていましたが、友人からフキノトウを頂きました。
日当たりの良い庭先に顔を出したとの事。
早速天婦羅にしてご馳走になりました。
春の香りが口いっぱい広がりました。
風邪をひいて、食欲がなかった夫も久し振りに箸が進んだようです。
少しづつ春が近づいているのですね。
そう言えば、庭の梅の蕾もふくらんできたような・・・
e0338965_21553588.jpg

[PR]
by hinabaa | 2017-02-12 21:55 | Comments(0)

再会

「もしもし・・・」
少しためらいがちな声が受話器から聞こえて来た。
お名前を伺ってびっくり。
何と15年ぶりくらいになるのかな?
ここ数年は年賀状のお付き合いも遠のいていた。
仙台で織を習いだした時、ご一緒した方。
当時80歳近くだったからもう結構なお年。
教室までの坂道を一緒に歩いたっけ。
つい最近、私が住む団地の有料老人施設に入居されたとの事。
思い出して電話してみたとおっしゃる。
「遊びに来て」
「はい、伺います」
と言う事で、今日お尋ねしてきた。
行く前に施設に電話を入れて、訪問しても良いか、差し入れの品物は等聞いておいた。
生もの、詰まり易い物、生花はNG。
小さなお菓子の詰め物を用意。
ちょっとドキドキしながらドアを開けると、確かにKさん。
「まだ織ってるの?」
「あの頃楽しかったね」

ご主人を3年前に亡くされてからお一人でいたのだが、お嬢さんが心配されて施設を探されたとの事。
「まだ一人で大丈夫だったのだけど、娘に心配かけるのも」
「自由に外出できないのが辛い」
「ボケないように、日中は寝ない」
「自分でできることを探している」
なるほどと言う事ばかり。
何と返したらいいかと思うこともあったけれど・・・

私がおしゃべりに行くことで少しでも気が晴れれば。
今度は本を持って行く約束をして帰って来た。

[PR]
by hinabaa | 2017-02-06 21:55 | Comments(0)