織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

仕事納めはスッポン鍋

あ~~~まだ掃除が残っているのに、あと2日しかない。
今年は娘家族の里帰りがないから、すっかり気が緩んでしまって・・・
明日頑張ろう。

今日は職場の仕事納め。
夕方から、スッポン鍋を囲む。
社長の友人が養殖しているそうです。
「英気を養って来年も頑張ろう!」と言う事です。
既に捌いてあり、スープの味もついていて、鍋に入れて煮込むだけ。
他の人は仕事中なので、私が鍋当番。
初体験です。
スッポンは、コラーゲンたっぷりで精が付くと聞いていても、何ともグロテスク。
味を見るのも恐々。
すこーし飲んでみる。
「あらっ!美味しいかも。臭くない」
スープだけならいけそうよ。

私のように初めてで恐る恐るの人、がつっり食べる人。
鍋はあっという間に空っぽに。
ご馳走様でした。

さあ、風邪をひかないように。
来年も良い仕事が出来ますように。
e0338965_21481419.jpg



[PR]
# by hinabaa | 2015-12-29 21:48 | Comments(0)

光のページェント

珍しく夫から「光のページェントでも見に行こうか」と、誘いの言葉。
人混みが代の苦手の彼にはホントに珍しい。
「ここで断ると次は何時の事か分からないぞ」
私、実は調子悪いです。
木曜日、東京から戻ってから、土曜日は職場の忘年会がありまして、何と家に帰り着いたのは午前0時過ぎ。
慣れないことはするものではありませんね。
日曜日は一日中怠く、月曜日は何やら風邪の症状が・・・
薬を飲んで、とにかく寝て、今日はやっと回復傾向に。
でも、病は気からと、出かけました。
今晩は、サンタパレードがあり、ページェント会場の定禅寺通りは何時にも増しての人出となっていました。
人が多く、パレード見えず、音だけで楽しみました。
でも、光のトンネル、何度見てもきれいです。
降り注ぐ光の粒に包まれているような感覚。
やはり、一度は来ないとね。

名物になっているのかな?
ミニダックス2匹をベビーカーのようなのを改造したのに乗せているおじいさん。
犬たちはサンタの衣装で、車も飾り付けています。
今年もお会いしました。
子供たちに囲まれて人気者のようです。
三越のライオンもサンタさん。

「おでんの三吉」で、腹ごしらえをして帰って来ました。

e0338965_21301361.jpg
e0338965_21302423.jpg
e0338965_21303581.jpg
e0338965_21304832.jpg




[PR]
# by hinabaa | 2015-12-23 21:31 | Comments(0)

民芸館から鳩居堂へ

見たい催しが重なったラッキーがあって、上京しました。
勿論、孫の顔も見たいし・・・
(こちらは、サンタさんからのプレゼントを見つからないように届けるという目的もありました。無事任務完了!)

翌日、先ずは『日本民芸館展』開催中の民芸館へ。
「まさに、これが民芸なんだ」と・・・
陶磁あり、染織あり、木工、篭、箒、しめ飾りと手仕事の作品。
知人が奨励賞を取っていて、こちろを見るのが楽しみでした。
細やかな感性の作品に見惚れ、少しでも近づけたら等とたいそれた事を考えてしまった。
静かな住宅街に建つどっしりとした建物。
日本て良いなあと思える空間です。

この後、銀座へ出て、鳩居堂の画廊で開催されているお習字のグループ展へ。
教えて頂いている先生と友人が参加されています。
素敵な画廊に展示されていると、作品の格も上がるように思えました。
頑張っている友人がいるって、嬉しい事です。
(ご馳走になったフルーツみつまめも美味しかった!)

素敵な物を見る事が出来、心豊かな気分で家路につきました。
e0338965_09462497.jpg
e0338965_09460306.jpge0338965_09461325.jpg
[PR]
# by hinabaa | 2015-12-19 09:57 | Comments(0)

ちょっとだけクリスマス

クリスマス商戦真っ最中。
サンタさんが、ツリーが、イルミネーションが・・・

夫婦2人の暮らしになってからは、飾り付けも申し訳程度。
何もしないのも寂しいようで、ちょっとだけ。
それでも、少し華やいだように思うのは気のせい?
e0338965_22171434.jpg

[PR]
# by hinabaa | 2015-12-15 22:17 | Comments(0)

お蕎麦

久し振りに夫の手打ち蕎麦。
石臼引きの常陸秋蕎麦の粉が手に入ったので。
丁度良い具合に、辛味大根も。

腕が良いのか?粉が良いのか?それともゆで方が良いのか?
蕎麦は3たてと言うそうだが、まさに今回がそう。
冷酒を頂きながら、「美味い!」
ささやかだが、贅沢な食卓となった。
わざわざ買いに行ってくれた弟に感謝。

私は蕎麦は苦手だったが、夫が打つようになって食べられるようになった。
ただ、不思議なことに不味いと喉を通っていかない。
ある意味、出来の良し悪しのバロメーターになっている。
e0338965_23535681.jpg

[PR]
# by hinabaa | 2015-12-11 23:54 | Comments(0)