織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

カズオ・イシグロ

今年のノーベル賞の文学賞にカズオ・イシグロさんが選ばれた。
(村上さんはまたしても・・・)

「わたしを離さないで」を読んだ時の衝撃は大きかった。
一気に読んでしまったと記憶している。
クローン人間を題材にしたとても重い題材だったけれど。

その後、「日の名残り」を読んだ。
映画でも見ていたので入り易かった。
英国の貴族社会。
なじみの無い執事という仕事。
しみじみとした読後感だったと思う。

出身地である長崎を舞台にした本もあるという。
ブームに乗って読んでみようか。



[PR]
# by hinabaa | 2017-10-05 23:32 | Comments(0)

十五夜の今日

綺麗な満月が雲に隠れたり顔を出したり・・・
空気が澄んで冷たく、今夜はエアコンを入れた。

夕方、すすきを採りに出かけた。(家の周りだけど)
すすきは中々きれいなのが無くて、ホワホワしたのが多かった。
何とか5本ゲットして、萩、野菊、水引もついでに。
雨が落ちて来たなと思ったら、東の空に大きな虹。
こんな大きくはっきりしたのを見るのは久しぶり。
虹って、見ると嬉しくなるし、良い事がありそうな予感がするのは私だけ?
e0338965_22375594.jpg
十五夜のしつらえ。
里芋をふかし、果物とお団子を供える。
ささやかでも整えないと気持ちが落ち着かない。

そして、今日のお仕事は、茗荷。
立派なのを大量に頂いた。
友人に聞いてみても皆からパス。
あっ、一人だけもらってくれた。
さあ、どうしよう。
e0338965_22441591.jpg
まず、甘酢漬け。
もう一品は同じ酢でも梅酢に漬けてみた。
三品目は味噌漬け。
冷蔵庫に収まる。

このところ、野菜を大量に頂くのが続いている。
大変ありがたいことである。
枝豆、南瓜、山葡萄、そして茗荷。
保存が効くものは良いのだが、鮮度が命のものは大変。
何しろ2人暮らし。
ご近所に食べてもらうことが多いのだが、度重なると持って行くのをためらってしまう。
丹精込めて作った物を無駄にはしたくない。
いろいろ考えを巡らせることは、ボケ防止?

もう一つ待機している物がある。
ハックルベリー。
ジャムにするのだけど。
何度かに分けて始末することにしよう。



[PR]
# by hinabaa | 2017-10-04 22:53 | Comments(0)

変化は緊張する

早くも10月突入。
日足も短くなってきて焦りと心細さを感じる。
団地の中を散歩して秋を見つける。

野菊、何処にでも見られる花だが秋を感じる代表だろう。
e0338965_23452017.jpg
銀杏の実(あえて実)
オレンジ色の何?と思うほど実が付いている。
もう少しして落ちて潰れると・・・匂いますねぇ。
美味しいんだけど・・・
夫に話してみようかしら。「銀杏美味しいわね」と。
e0338965_23453082.jpg

今日は美容室に行って来た。
髪の事はここ15年以上、姪におまかせしていた。
お店が変わると追いかけて・・・
気に入ったヘアースタイルが定着してきたのに、姪にアクシデントが。
使いすぎか、右手の腱を痛めてしまったようで手術を受けた。
結構大変な手術だったらしい。
しばらくは右手が使えないそうだ。
休むだけかと思っていたが、辞めるとの事。
復帰が何時か分からないから一旦リセットするそうだ。
次から、どうしましょう。

同じお店で後輩のスタイリストを紹介してもらって、今日がお初。
今度は男性。
お互い何だか緊張。
私も、つい何時もより口数が多かった。
チャンと引継ぎが出来ていて大体何時ものヘアースタイルになった。
ん~~でも、やっぱりちょっと違うわね。
何度か通ってみないと呼吸が合わないかも。
たかが髪のカット。
されど・・・

[PR]
# by hinabaa | 2017-10-03 00:11 | Comments(0)

山葡萄

友人から大量の山葡萄を分けてもらいました。
さて、どうしましょう?

e0338965_21592299.jpg
早速検索。
山葡萄酒、ジュース、ジャムの作り方がありました。
山葡萄酒、そそられますねぇ。
でも、作ることは犯罪ですとある。
エーそうなの?
何しろ小心者。
無難にジャムを作ることにしました。
1㎏の葡萄の実を外し、弱火で煮ていきます。
出てきた水分を布で漉すと、約500㏄。
砂糖を40%加えて弱火で煮詰めていきます。
少しトロミがついたかな?というところで火を止めます。
300㏄弱になっている。
小さめの瓶に詰めて出来上がり。2瓶出来ました。
結構酸っぱい。
やはり砂糖40%は正解だったかも。
(何時ジャムを作る時はせいぜい30%。)
貴重なジャムです。
e0338965_21593719.jpg

山葡萄と言えば、父を思い出します。
小さい頃、今時分になると良くキノコ採りに行っていました。
何故か父のお供は私ばかり。
初茸やアミ茸、ホウキ茸、シメジなどが採れたと思います。
色々話しながら父を独占できる時間が嬉しかったんだと思う。
そして、酸っぱい山葡萄を見つけて口にしていました。
口の周りを紫色にして。
金木犀・茸・山葡萄・・・父につながります。



[PR]
# by hinabaa | 2017-09-28 22:13 | Comments(0)

あ~~松島や

7年振りの松島です。
夫の妹と姪を案内して・・・
穏やかな天気に恵まれました。
一見震災の後は見えません。
松島は、湾に点在するたくさんの島が津波から守ってくれ、周りの地より被害は少なく済んだようです。
観光客もたくさん見えていて、元に戻りつつあるんだろうなと。

松島は初めてという義妹。
先ず、松島湾一周の観光船に乗りました。
気持ちの良い航海でした。
島の中には、津波被害で崩れたものも見えました。
凪いだ海を見ていると、あの大津波があったなど信じられません。


e0338965_22563519.jpg
仁王島
e0338965_22562370.jpg
鐘島

下船後、瑞巌寺を参拝。
長年の修復工事が終わって、きれいになっていました。
本堂の襖絵はきらびやかで目を見張ります。
贅を尽くした物でしょうが、私ごとき小市民はどうも落ち着きません。
どちらかというと、庫裡の佇まいを好ましく思いました。

お昼は、私は穴子丼。
他の人たちは漬け丼。
どちらも美味しくいただきました。

駆け足の観光でしたが、夫は妹サービスが出来て満足のようでした。
良かった!




[PR]
# by hinabaa | 2017-09-27 23:12 | Comments(0)