織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

秋田にて

昨日秋田(夫の実家)から戻りました。
目的は車検、義母の顔を見る、蕨採り。

義母は95歳。
元気です。
見事に自立しています。
昨年までは野菜作りしてたけど、今年は無理かな?
寝ている時間も増えているように思えるけれど。
義弟家族に感謝です。

雨の合間を縫って蕨採り。
今年は下草の成長が早いような気がした。
(見つけづらいということ)
40分ほどで、篭一杯採れた。
楽しい時間でした。

雨の中、田植えをしている機械の音がする。
雨に煙る田の風景、のどか。
e0338965_22502177.jpg

道の駅「おがち 小町の郷」で山菜を購入。
ついでにランチ。
ゼンマイの卵とじ丼、美味しかった。
デザートは、小町さくら。
笠を被った桜味のアイスと餡。
こちらも美味しくいただきました。
e0338965_22505852.jpg

私たちが帰仙してから、秋田は大雨だったようだ。
雨雲が南下して追いかけてきたが逃げ切った。
もう少しゆっくりしていたら大変だったろうと、夫の決断に172.png

温泉にも立ち寄りたかったが、週末予定が入っているので今回はパス。
またの機会のお楽しみに取っておこう。





[PR]
# by hinabaa | 2018-05-19 23:04 | Comments(0)

新国立美術館で・・・

先週末、新国立美術館で開催されていた「国展」観て来ました。
国内では規模の大きい公募展。
時間もなかったので、工芸部門のみの鑑賞となりました。
この会場、なんて作品が引き立つのでしょう。
さすが、素晴らしい作品が並んでいました。
完成度が高いです。
これからの自分の織に参考になるかしら?
真似するつもりはないけれど・・・
お名前を存じ上げている方の作品もあって、ちょっと身近に感じられました。
e0338965_14231436.jpg
娘家族と一緒だったので、孫が飽きてしまいました。
と・・・
1階フロアで面白い企画がありました。
「こいのぼり なう!」
e0338965_14232848.jpg
須藤玲子×アドリアン・ガルデール×斎藤精一によるインスタレーション
新国立美術館で一番広い展示室に319匹のこいのぼりが泳いでいました。
国内各地で作られた布や紙を使っています。
たくさんのこいのぼりの下で、怠け者クッションに身をゆだねのんびりしている人も・・・
不思議な空間でもありました。
e0338965_14233890.jpg
作っている工程も映像と音で体感できます。
こちらは、小学2年生の孫も十分楽しめたようです。

素敵なアートに触れた一日でした。


[PR]
# by hinabaa | 2018-05-16 14:39 | Comments(0)

リーチ先生

原田マハさんの「リーチ先生」を読んだ。
名前は聞いたことがあるが、詳しくは知らなかった。
バーナード・リーチ
英国人の陶芸家。
柳宗悦の民芸運動では必ず出てくる名前。
この本は、英国からやって来たリーチと、彼を支えた亀之介という助手の話。
(亀之介は作者の創造した人物だと思う)
柳の他、濱田庄司、河井寛治郎、富本健吉、高村光太郎等が登場する。
あくまでも、事実に基づいたフィクションとあるから、そのまま信じることは出来ないが、リーチの陶芸にかける熱意を感じることは出来る。

おりしも、仙台市博物館で「手仕事の日本  柳宗悦のまなざし」が開催されている。
観に行かない手はない。
駒場の「民芸館」は好きで何度か訪れているが、違う目線で眺められるだろう。


[PR]
# by hinabaa | 2018-05-10 22:16 | Comments(0)

山の恵みを頂きました

山菜の美味しい季節です。
食べるのは大好きですが、自分で採るのは自信ありません。
食中毒怖いですから。

仕事先に今年も大量に届きました。
山歩きが大好きな職人さんからです。
皆で分けて頂きました。
丁度、夫の実家からも蕨が届きました。
頂く時は続くものです。
友人のご主人が筍を掘ってきたと届けてくれました。
今日は山の幸満載の食卓になりました。

筍ご飯
蕨のお浸し
しどけのお浸し
ほんなのお浸し
こごみ、タラの芽、筍、独活の穂先は天婦羅
e0338965_22255431.jpg

[PR]
# by hinabaa | 2018-05-08 22:31 | Comments(0)

紙布織の作品展を見る

メディアテークで開催されている、「大金暁子 紙布・よろけ織り」を見て来た。
和紙を2mmに裂いて揉んで繋いで捩って糸にする。
書くと何ということないようだが、気が遠くなるほどの工程。
ただただ、感心。
色々な土地の和紙を求め織ってみる。
自分で試してみない事には始まらないと・・・

作品は、和紙を糸にしてよろけ織したものが多い。
和紙とよろけが彼女のトレードマークになっている。
工芸展等で作品は拝見しているのだが、一堂に展示されていると圧巻。
e0338965_22065239.jpg
e0338965_22070383.jpg

少し見習わなくては。
ここまで突き詰めて織ったことが有ったろうか?
姿勢を正してもう少し私なりに頑張ろう。


[PR]
# by hinabaa | 2018-05-07 22:09 | Comments(0)