織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

ジジババ珍道中 その2

さて2日目。
中目黒から神奈川県座間市へ移動です。
東急東横線~東京メトロ千代田線~小田急線と乗り継いで・・・
座間には夫の末弟が住んでいます。
私がここを訪ねるのは25年ぶりくらい?
義弟夫婦とも久しぶりです。

予定より早く着いたので、荷物だけ置いてちょっとお出かけ。
小田急線で鶴川まで。
白洲次郎・正子が暮らしていた武相荘を訪ねました。
こちらも久し振り。
公開されたばかりに娘と来ています。
鶴川の駅前も変わりましたね。
交番でバスの乗り場を尋ねたら、ちゃんとチラシがありました。
展示は夏の暮らしになっていて、ガラスの器や籠、夏の着物が見られました。
一見質素だけれども、隅々まで心の行き届いたお住まいです。
この書斎からあの随筆が産れたのだと感慨深いものがありました。
産れも育ちも素晴らしい白洲次郎、正子。
彼らの芯の通った生き方とは程遠い私たち夫婦ですが、心に残る物があったのは確かです。
e0338965_23412382.jpg
e0338965_23414910.jpg
e0338965_23420549.jpg
また正子の本を手にしたくなりました。

心が洗われたような気持で義弟宅へ戻ると、別世界。
「さあどうぞ」と、美味しいお酒が待っていました。
義弟が家庭菜園で作った野菜を使ったお料理も並んで、気のおけない酒宴の始まりです。
これはこれで、また良いもので、馬鹿話をしながら夜は更けていきました。



[PR]
by hinabaa | 2017-06-27 23:58 | Comments(0)