織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

大阪・京都 笑った 食べた 飲んだ 歩いた

2泊3日の社内旅行、無事終了。
お天気にも恵まれ(気温高すぎたけど)楽しい旅でした。

夜、仙台空港を飛び立った空はきれいな夕焼けで良い予感。
大阪空港からホテルのある十三へ。
ちょっとカルチャーショック。
22時近かったけど、名物の串揚げを食べに出かけた。
若い人があらかじめ予約を入れておいてくれた。
少し高級感のあるお店。
「夜遅いから」と言いながら、つい手が出てしまう。
何本食べたかな?
e0338965_22334885.jpg
2日目は、男性陣は午前中は見本市だけれども、女性陣は自由行動。
「そうだ、京都へ行こう」
午前中は半日観光のバスに乗る。
三十三間堂。
何度来ても良いところ。
限られた時間で仏像鑑賞。
知り合いに似た仏様は見つけられなかった。
e0338965_22341337.jpg
次は伏見稲荷大社へ。
観光客の多さに驚き。
ここでは、千本鳥居を押さえておかなくちゃ。
赤い鳥居=赤いトンネル
ここで何故だか、善光寺の胎内巡りを思う出してしまった。
e0338965_22342467.jpg
着物を着て歩いている人が何人もいたが暑くて大変そうだった。(この日の京都は最高気温32度)

神のお使いの狐さんも立派。
e0338965_22343582.jpg
午後は、相方と別れ個人行動。
彼女は自転車で回るという。
若いなあ・・・と、市バスに乗って北野天満宮へ。
e0338965_22344975.jpg
お参りした後、青紅葉の庭園散策。
緑陰に入りしばし暑さを忘れる。
e0338965_22350424.jpg
茶店でお餅と冷茶で一休み。
e0338965_22351697.jpg
25日は天満宮では市が立っていた。
参道にはたくさんのお店が並んでいた。
残念だが丁寧に見る時間の余裕はない。
それでも古布には目がいく。
お店の人と話していて綴れ織りのお店を教えてもらえた。
上七軒通りを散策。そそられるお店がたくさん。
e0338965_22352789.jpg
和菓子、漬物、和の小物、そして綴れ織り。
荷物は増やさないとの思いとは裏腹に・・・
ここで教えてもらった機道具のお店。
何と、何度か利用していたお店だった。
歩いて行ける距離だったので、こちらにも。
参考になるお話を聞けた。
この辺で限界。
19時から道頓堀のはり重というお店で宴会の予定。
大阪に戻らねば・・・心を残しつつ。
すき焼き美味しかった。
e0338965_22354174.jpg
腹ごなしにホテル近くでボーリング。
若い人に混じって健闘。
もっと回ると言うのには付いて行けず、ホテルへ。
万歩計はゆうに2万歩を超えていた。
良く動いたせいでぐっすり眠れた。

3日目午前中、難波花月で大笑い。
たまには良いもんです。

こうして予定をこなし、空港に近づき仙台平野の田んぼを眼下に見るとホッとするものがある。
e0338965_22364052.jpg
旅をして帰って来るところ。
ホッとする場所になっている仙台が。

「来年も良い旅ができるように仕事頑張りましょう!」と、社長の挨拶で解散となりました。




[PR]
by hinabaa | 2018-05-27 23:26 | Comments(0)