織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 345 )

旬の物あれこれ

12月と言えば、忘年会。
先週土曜日、会社の忘年会。
段々人数が増えて、今年はパーティ会場貸し切り。
見ものはポールダンス。
中々なもので、男性諸君の目が大きく開いてた。
ビンゴゲームも3人に2人が当たる確率。
景品もバージョンアップ。
今年は、ディズニーリゾートのパスポート狙いだったが、そうはうまくいかない。
ビンゴは早かったが、籤運がイマイチで、1,5Lのコーラ1ダース。142.png
会社で若者に飲んでもらうことにした。
e0338965_22111473.jpg

日曜日、起きると外は真っ白。
初雪。(昨夜じゃなくて良かった)
何だか頭がぼんやりする。
2日酔いするほど飲んでないけど(ワイン2杯と生ビール)
慣れないことをした後は何だか辛いこの頃。
年のせいにはしたくない。

2つ目の旬
柚子仕事(梅仕事があるからこの言い方でも)
織で一緒の方から教えてもらった柚子ジャム。
レシピ通りにやったのだけれど、彼女の作ったようなとろみが少ない。
もう一品は何時も作っている柚子茶。
砂糖をケチった分こちらもいまいちか?
でも、どちらも柚子の香りが良い。
楽しみな一皿。
e0338965_22112794.jpg

3つ目は鰰。
秋田から届いた。
今年は不漁で型が小さいとか。確かに・・・
田楽とか焼で頂く。
沢山なので、友人に配り、残りは三五八漬けの素をまぶして冷凍。
小さいのは煮漬けてみた。
これが結構いける。
夫は故郷の味を楽しみ、お酒がすすむ。

今日は茨城の友人から蓮根が届いた。
明日は蓮根料理に決まり。


[PR]
by hinabaa | 2018-12-12 22:14 | Comments(0)

恋歌(朝井まかて著)を読んで

偶然手に取った一冊。
この作者の本は前に一冊読んでいた。
北斎の娘を書いたものだった。
今回は、江戸から明治を生きた中島歌子の生涯。
裕福な町家育ちをした歌子が、好きな人のもとに嫁いだことから悲劇が始まる。
相手は水戸藩士。
天狗党の人である。
水戸藩の勢力争いが酷い。
歌子は、何とか生きぬき、歌人として萩の舎を起こす。
門人に樋口一葉がいた。
この本は、もう一人の門弟三宅華圃が語る形式をとっている。

勿論フィクションであるが、水戸藩、天狗党の事をもっと知りたくなった。
故郷なのに何も知らなかった。
天狗党が決起した筑波山を仰いで育ったんだけど。
本の中で言われている
「水戸藩は藩内の勢力争いでたくさんの人が死んでいったので、明治維新で活躍する人材が残っていなかった」
「水戸藩は大日本史にお金を使い過ぎた」
「見栄を張って石高を実際より高く申告していたため内実は苦しかった」
この辺を書いてる本を探して読んでみたい。


[PR]
by hinabaa | 2018-12-07 12:47 | Comments(0)

還暦マフラー

マフラー 2本織り上げました。
還暦祝いに使う予定です。
男性なので、赤一色よりもレンガ色を入れた方が良いかなと。
一枚は、綾織の千鳥格子、もう一枚は変形杉綾。
どちらがお好みかしら?
e0338965_21250883.jpg
e0338965_21251812.jpg

[PR]
by hinabaa | 2018-12-03 21:25 | Comments(0)

允許状(いんきょじょう)

書道教室で同人に昇格することができ、昨日先生から允許状を頂きました。
お稽古を始めて6年半、春と秋の昇段試験を受け、級、段、師範と過ぎて、今度は同人と言う事です。
あくまでも、所属している会の中の事ですが・・・
それも極、小さな会です。
ともかく、やってきた結果です。
先生のお言葉によると、ここからがスタートだそうです。
果たしてこれからスタートをきって、どこまで行けるのか?
e0338965_21173402.jpg






[PR]
by hinabaa | 2018-12-01 21:39 | Comments(0)

寒くなって来た

季節は冬に向かって・・・
定禅寺通りの欅並木も晩翠通りの銀杏並木も良い感じに色づいてる。
冬本番の前の一時の美しい姿。
e0338965_22542412.jpg
e0338965_22543450.jpg
年を重ねた私たち夫婦。
冷えの予防に生姜をせっせと食べてます。
最近のお気に入りは佃煮。
薄くスライスして酒、味醂、醤油、砂糖で煮るだけ。
このまま食べても美味しいし、刻んでおにぎりにしても良い。
夫は手足の冷えをあまり言わなくなった。
簡単で安上がり。
e0338965_22544808.jpg
寒くなってきたので、マフラー。
近く還暦を迎える方に、赤いウールで織ります。
男性なので真っ赤にしないで、レンガ色と赤の千鳥格子はどうでしょう。
他にも何色か購入したので、色の組み合わせを楽しんでみます。


[PR]
by hinabaa | 2018-11-23 23:04 | Comments(0)

白菜漬け

小春日和。
夫実家から届いた白菜を漬け込みます。
先ずは日に干して・・・
夫も私も白菜漬けが大好き。
鷹の爪の辛みと柚子の香りをプラスして。
最後の晩餐は。白いご飯に白菜漬けと梅干し、納豆を選ぶかな?
e0338965_16210850.jpg
お天気につられた訳ではないけれど、インフルエンザの予防注射を済ませて来た。
職場でほぼ強制的に。
連鎖反応が怖いからとは社長の言葉。
注射代は会社持ですから有難く受けておきます。
幼稚園くらいの兄弟が来ていて、お姉ちゃんは大泣き。
弟は、あっけらかん。
見ていたら、孫の事が思いやられます。
注射と言うか、お医者さんが大嫌いで、大泣きするそうです。
それはそれは、大変な泣き方らしいです。
ママは考えると受けさせるのを考えてしまうと言ってます。
さて、今年はどうするんでしょうね。




[PR]
by hinabaa | 2018-11-15 16:35 | Comments(0)

○○のいぬまに・・・

夫は娘一家の所へ上京中。
目の中に入れても痛くない孫の学習発表会を見に。
相変わらず忍者ゴッコや将棋の相手を楽しんでいるようです。

私は寂しくお留守番(?)
いいえ、思い切り羽を伸ばしています。

昨日は織繋がりの友人とランチ&おしゃべり。
帰りの時間を気にしないでゆっくりできました。
何時もながら、時間はいくらあっても足りないくらい。

今日は、河北工芸展へ。
染織関係の先生の解説があったのでそれを狙って。
沢山の方が集まっていてびっくり。
先生の幅広い解説。
お話も面白く有意義な時間でした。
e0338965_20205311.jpg
e0338965_20210519.jpg
こちらが私の今年の作品です。「春光」とつけました。

夕ご飯の心配をしなくて良い・・・のんびりできます。
明日から主婦モードに切り替えます。

[PR]
by hinabaa | 2018-11-11 20:23 | Comments(0)

キャンドル

今日は友人のキャンドル展に。

ーあかりと共にー
キャンドルワーク 阿部笙子展(25th)
仙台市の【坐カフェ】で今月いっぱい開催されています。
繊細なキャンドルを作り出す笙子さんさん。
素敵な女性です。
e0338965_22450925.jpg
e0338965_22451872.jpg
e0338965_22452718.jpg
たまにはこんなキャンドルを灯してゆったり過ごせたら・・・
なんて思いますが、中々ハードルが高く、求めたキャンドルは鎮座したまま。
(震災の時は活躍してくれましたが・・・笙子さんごめんなさい)


[PR]
by hinabaa | 2018-11-09 22:45 | Comments(0)

蔵王の紅葉

先ほどニュースで蔵王に初雪と・・・
昨日もお釜近くは寒かった。
蔵王エコーラインの紅葉を楽しみながらのドライブ、昨日で良かった。
滝見台付近は丁度見頃でした。
何度か来ているが一番良く滝が見えた。
三階滝
e0338965_21425218.jpg

不動滝
e0338965_21430863.jpg
ここからは少し行くごとに葉を落とした木々が増え、色彩は冬の模様。
僅かにナナカマドの赤い実が頑張っていた。

e0338965_21431876.jpg
雲の中の山頂。
眼下に開けた風景。
山とは違った天候。
e0338965_21432931.jpg
冷えた体を青根の湯で暖めてもらって一息。

[PR]
by hinabaa | 2018-10-30 21:52 | Comments(0)

何を見せる?

今織っている物。
捩りを入れて、隙間から何か見せたい。
綺麗な窓を作ろうかとも思ったが、パッキリとさせなくても良いかな。
計画では、額に入れるつもり。
捩りで出来た隙間から見せる布は、以前ラミーで織った虹色をイメージした物を使おうと思っていた。
が、何しろ薄い布なので、あまり効果的でないようだ。
手近にあった紅絹を入れてみたら、こちらは強すぎ。
新たに織るか?
リバティプリントはどうかな?
紙でも・・・?
額も探さなくては。
e0338965_16324078.jpg
e0338965_16331091.jpg

[PR]
by hinabaa | 2018-10-28 16:34 | Comments(0)