織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

少しだけ手を動かして

「暑すぎて・・・」を、口実にボーと過ごしています。
チコちゃんに叱られますね。

エアコンのきいた部屋で、地味にミシン仕事。
ティッシュケースを縫ってみました。
布のサイズがジャスト。
残糸を使ったので色々な表情の布。
機に向かうとこういう作業は後回しになるので、今のうちに縫っておきましょう。
ちょっとお礼に・・・なんて言う時に役に立つかも。
e0338965_21105034.jpg

[PR]
by hinabaa | 2018-07-25 21:18 | Comments(0)

暑い日は映画館で

暑い、暑い・・・
体が動かない。勿論頭も。

今日は仕事は休み。
そうだ、映画に行こう!
観たいと言っていた話題の「万引き家族」

やはり、館内は良く冷えて。
ショール持参は正解だった。

さて、問題の映画。
今の日本が抱えている問題が満載。
虐待、亡くなったことを公にせず、親の年金を貰い続ける等。
始め家族と思っていたが、次第に明かされていく真実。
法的にはいけない事なのだが、善意の人に見えてくる。
それにしても、俳優さんの演技が凄い。
安藤サクラ、何なんだ。
最後の方での取調官との会話の間。

あ~あ~切ない。
子役の男の子の目に救いが・・・

[PR]
by hinabaa | 2018-07-18 21:41 | Comments(0)

ワタリガニでパスタ

このところ、スーパーでワタリガニを良く見かける。
何でも宮城の海での漁獲量が増えたらしい。
1ぱい300円ほどで手に入る。
味噌汁にして食べていたが、今日はパスタにしてみた。
以前食べたレストランの味に近づけるか?
レシピを検索すると、特別難しい事もないようだ。
e0338965_22234083.jpg
e0338965_22234907.jpg
夫は美味しいと喜んで食べてくれた。
もう少しカニの風味が出るかと思ったが・・・
まあ、合格点かな。
因みに、本日のワタリガニは2ハイで400円弱。
家計に優しいレシピでした。


[PR]
by hinabaa | 2018-07-15 22:28 | Comments(0)

待ってくれない事

気になっていた事
①梅仕事
 発熱前に南高梅を5キロ漬け込んでおいた。
 家の梅が収穫待ちで気がきでなかった。
 収穫してもらい何とか塩漬けできた。(3キロ)
 今年はこれでやめとこう。
e0338965_22481680.jpg

②着尺用の整経
 何時でも出来る状態になっていたが進まなかった。
 今回は、経糸は1色なので整経は楽。
 地の分と筋の分、2つに分けて整経終了。
 病み上がりにはちょっときつかった。
 でも、これを済ませないと次に進めない。
 今度の教室の日に経て巻をして来たい。
e0338965_22594311.jpg
e0338965_22595186.jpg

③夫のミニ菜園の胡瓜
 どんどん大きくなってバンバン採れ出した。
 一日に10本くらい採れるので食べきれない。
 大きくなり過ぎたのを干してカリカリ胡瓜にする。
 辛子漬けにも。
 お助け料理のきゅうりの佃煮を作ることにし、今日は下準備。
 1,5キロをスライスして軽く塩をして水分を取る。
 明日は生姜、塩昆布、醤油、みりん等を入れて水分が無くなるまで火にかける。 

取りあえず・・・
ここまで出来た。
まだ滞っていることが残っているけれど、そう焦らずとも良い。
ほっ!

[PR]
by hinabaa | 2018-07-05 23:07 | Comments(0)

発熱→サザエさん→予定変更

先週初めから発熱。
体温計は久しぶりに38度をオーバー。
平熱が低いので応える。
病院に行くと、先生、聴診器をあてる時間がやけに長く感じ不安。
熱・咳・頭痛・・・「念のため血液検査をしましょう」
最近、肺炎を起こした方がいたそうだ。
幸い数値はそれほどでなく、何種類もお薬を貰ってくる。
ここからが大変だった。
熱がどんどん上がる。頭痛も間接も痛み出す。
熱さましが中々効かない。
義姉の言葉が頭をよぎる。
「風邪だと思って病院に行ったら、肺炎を起こしていてそのまま2か月入院した」
熱は2日半下がらず、咳きこんで腹筋も(あるの?)痛くなってきた。
夫はせっせと水枕を取り換えてくれる。
こんな時は、神様にも見えてくる。
有難い。
しかし、「食べなくちゃ」と勧めてくれるのは、自分用に買って来たチラシ寿司や穴子のかば焼き。
気持ちだけいただいて、梅干しで茶漬け風にさらさらと流し込む。
梅干しが一番美味しかった!
金曜日、やっと36度をキープ。
咳はまだ出るけど。

少し快方に向かうと、布団の中にいるのが辛くなる。
「ここは我慢!」と、長谷川町子のサザエさん全集を片っ端から読む(見る?)
第1巻は私が赤ん坊の頃のもの。
笑の壺が分からないのもあった。
闇米、配給など当たり前に出てくるのだ。
年代が上がって来ると、「そうそう、こんなこともあった」と、懐かしくもあった。
何しろ物が無かった。
波平さんが父に重なる。
しかしどういう訳か、舟さんは母ではない。

今回の熱で、仕事は休んだ。お習字も休んだ。織物も休んだ。美容院もキャンセル。
予定が大幅に狂ってしまった。
7月に入って、さあ取り戻せるか?

こうして年を取って行くのだとつくづく思った。

[PR]
by hinabaa | 2018-07-02 15:33 | Comments(0)