織を楽しみながら ~

oriorikazu.exblog.jp
ブログトップ

面白そうな本見つけた!

仙台市のメディアテークに入っているショップが面白い。
先日、ギャラリーで開催されていた東北現代工芸美術展を見た帰り寄ってみた。
本のチョイスが面白いと言うか、好きと言うか。
興味を引くような展開だと思う。
「つるとはな」と言う雑誌と有吉佐和子の文庫本を買って来た。
この雑誌、人生の先輩に聞くとうたっている。
表紙の写真は梅干し先生の藤巻あつこさん《94歳》
巻頭のページに登場は、内藤みつさん《91歳》
向井千秋さんのお母様。
そのほかにも元気なご高齢の方々。
私、まだまだ若造。
人生楽しく生きなくちゃ。

もう1冊は、「紬と絣の手織技法入門 吉田たすく著」
今更とも思うが、分かりやすい。
今までも、何冊か求めているが、これが私にはピタッときた。
昭和62年に書かれた物の復刊。
困った時のお助け本になってくれそう。

やっぱり本屋さんは面白い。
いくら時間があっても足りないくらい。
図書館で十分と言う人もいるが、手元に置いて眺めていたい本もある。
満たされた日であった。
e0338965_18041784.jpg

[PR]
# by hinabaa | 2016-06-10 18:04 | Comments(0)

織りあがりました

浴衣地、織りあがりました。

3月中旬に計画を立ててから約3か月。
機にかけたらサッサカサッサカ織りあげようと思っていたのに、結構日にちがかかってしまった。
織長 12,8m
織巾 38cm
湯のしに出して仕立ててもらう。
十分夏祭りには間に合いますね。
ただ、機から下してみると思っていたよりおとなしい。
娘の方が似合うかも・・・
e0338965_21582479.jpg
e0338965_21583397.jpg

[PR]
# by hinabaa | 2016-06-09 21:58 | Comments(0)

綺麗な花火が上がらない・・・かな?

浮き織で織っているタペストリー。
夜空の花火をイメージして織っていますが・・・・
浮き糸が思ったように生きてこない。
図案も・・・もっと練りこみが必要だった。
e0338965_16184896.jpg
e0338965_16185711.jpg


[PR]
# by hinabaa | 2016-06-06 16:19 | Comments(0)

女子3世代松本を歩く 3

2日目は、松本城へ。
たたずまいが美しいお城です。
さすが国宝。
天守閣の急な階段、登りました。
孫も興味深そうに見学しながら、頑張って登りました。
忍者にも遭遇したし・・・
e0338965_22431920.jpg
e0338965_22433610.jpg
                     (松本城のミニュチュアの古本屋さん)

お城を後にし、駅までの道をぶらぶら。
松本家具の店、民芸品店、ギャラリー、資料館、土産物店を覗いて、買い物して。
湧水も堪能。松本は水が美味しい。
しかし、この日、松本の気温は何と30度越え。
暑さが体に堪えます。

あっという間の1泊2日の旅。
あずさで帰ります。
(私の年代には懐かしい響き   あずさ2号)

安曇野巡りもしたかったし、松本美術館にも行きたかったなぁ。
でも、今回はこれで満足。
3人での初旅。
次に繋げなくてはね。

[PR]
# by hinabaa | 2016-06-03 23:12 | Comments(0)

女子3世代松本を歩く 2

宿は、市の中心部から少し離れた場所にあってタクシーも迷ってしまった。
高台に位置するので見晴らしが良い。
日没には、山の稜線が美しく見えたし、朝もアルプスの山並みが楽しめた。
何よりお料理が素晴らしかった。
季節の野菜を上手く使った見た目も美しいお皿。
孫も大いに食べた。
歩き疲れた体に活力を与えてくれた。
美味しい物を楽しく食べるって幸せ010.gif
e0338965_22380307.jpg
e0338965_22381572.jpg

[PR]
# by hinabaa | 2016-06-03 22:53 | Comments(0)